Webサイトのレスポンシブデザイン モバイルフレンドリーの重要性 | 株式会社ヴォイス

#ホームページ Ⅲ

Webサイトのレスポンシブデザイン モバイルフレンドリーの重要性

01 レスポンシブデザインの基本とその特性

レスポンシブデザインは、ウェブサイトがデバイスの画面サイズに合わせて自動的にレイアウトを調整するデザイン手法です。これにより、スマートフォン、タブレット、デスクトップなどのさまざまなデバイスでの閲覧体験が最適化されます。

レスポンシブデザインとは何か?

レスポンシブデザインは、画面のサイズや方向(横向きか縦向きか)に応じてウェブページのレイアウトが変化するように設計されています。つまり、それぞれのデバイスで最良のデザインを提供します。具体的には、デバイスの画面サイズが小さければ、文字のサイズを自動的に調整したり、画像やメニューの配置を変更したりします。たとえば岡崎女子大学さん、AOCさん、アクシスさん、サンテックさんなど、すべてのホームページで対策している内容になります。

岡崎女子大学 ホームページ

AOCエンジニアキャンプ ホームページ

アクシス ホームページ

サンテック ホームページ

レスポンシブデザインの歴史と進化

レスポンシブデザインは2000年代初頭に誕生しましたが、その重要性が認識されたのは2010年以降です。この時期には、スマートフォンの普及が急速に進み、ウェブ閲覧行動がデスクトップからモバイルへと大きくシフトしました。それに伴い、様々なデバイスに対応したウェブサイトの必要性が増し、レスポンシブデザインは標準的なウェブデザインの手法となっていきました。

レスポンシブとモバイルファーストの違い

「レスポンシブデザイン」と「モバイルファースト」はよく混同されますが、両者は異なります。レスポンシブデザインは、デバイスの種類に関わらず、ウェブサイトが自動的に適応する設計手法を指します。一方、モバイルファーストはデザイン戦略であり、まずモバイル版のウェブサイトを作成し、それをベースにデスクトップ版を作るというアプローチを指します。これは、現在のインターネット利用者の大多数がモバイルデバイスを使用しているという現実を反映したものです。

02 Webサイトをレスポンシブデザインにする理由

レスポンシブデザインを導入する主な理由は二つです。一つはユーザーエクスペリエンス(UX)の向上、もう一つはSEOの観点からです。以下で詳しく説明します。

ユーザーエクスペリエンスの向上

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは、ユーザーが商品やサービスを使用する際の体験全体を指します。レスポンシブデザインを採用することで、ユーザーはデバイスの種類に関係なく、同じウェブサイトを快適に閲覧することが可能になります。これにより、ユーザーの満足度を高め、ウェブサイトへの訪問を長くし、コンバージョン率を向上させることが期待できます。

SEO対策とレスポンシブデザイン

Googleは、モバイルフレンドリーなウェブサイトを評価基準の一部としています。そのため、レスポンシブデザインはSEO(検索エンジン最適化)にとって重要な要素となります。モバイルフレンドリーなウェブサイトは、モバイル検索結果において高い順位を獲得する可能性があります。さらに、レスポンシブデザインではURLが統一されるため、リンクの価値が分散せず、SEOの観点からも有利と言えます。

03 レスポンシブデザインのメリット

レスポンシブデザインには多くのメリットがあります。ここでは、その中から特に重要な3つ、ユーザビリティの強化、SEOへの寄与、ブランドイメージの向上について詳しく説明します。

ユーザビリティの強化

レスポンシブデザインを採用することで、デバイスによる違いを気にせずにコンテンツにアクセスできるようになります。これにより、ウェブサイトのユーザビリティが大幅に向上します。ユーザビリティが高いウェブサイトは、ユーザーの離脱率を低下させ、再訪問率を高める効果があります。

検索エンジン最適化(SEO)への寄与

前述したように、Googleはモバイルフレンドリーなウェブサイトを高く評価します。レスポンシブデザインは同じURLで各デバイスに対応したコンテンツを提供するため、リンクの価値が分散せず、SEOの観点からも優れています。

ブランドイメージの向上

レスポンシブデザインは、ブランドイメージの向上にも寄与します。ユーザーがデバイスを選ばずに同じ体験を得られることで、ブランドに対する一貫性と信頼性が高まります。また、最新のテクノロジーを取り入れていることを示すことで、企業のイメージを良くすることが可能です。

04 レスポンシブデザインの注意点

レスポンシブデザインには多くの利点がありますが、実装する際にはいくつかの注意点も存在します。特に、レイアウトとコンテンツの調整、ロード速度とパフォーマンス、そしてクロスブラウジングの対応について注意が必要です。

レイアウトとコンテンツの調整

デバイスによって異なる画面サイズに適応させるため、レイアウトやコンテンツの配置を柔軟に調整する必要があります。これは一見簡単そうに見えますが、実際には非常に複雑な作業です。また、すべてのデバイスで必要な情報を見やすく表示するために、コンテンツ自体も適切に調整することが求められます。

ロード速度とパフォーマンス

レスポンシブデザインでは、一つのページがさまざまなデバイスに対応するため、その分コードが複雑になりがちです。これによりページのロード速度が遅くなり、ユーザーエクスペリエンスが低下する恐れがあります。ロード速度はSEOのランキングにも影響するため、パフォーマンスの最適化には十分な配慮が必要です。

クロスブラウジングの対応

異なるブラウザでもウェブサイトが適切に表示されるようにするクロスブラウジングの対応も重要です。特に、古いバージョンのブラウザではレスポンシブデザインが正しく機能しない可能性があります。このような問題を避けるためには、さまざまなブラウザとバージョンでテストを行い、必要に応じて調整することが必要です。

05 レスポンシブデザインの導入事例と成功のポイント

レスポンシブデザインの理解を深めるためにも、具体的な導入事例を挙げて、成功のポイントを探ってみましょう。

実際の導入事例から学ぶ

数あるレスポンシブデザインの導入事例の中から、特に注目すべきものを2つ紹介します。

まず一つ目は、世界最大のEコマース企業であるAmazon.comです。AmazonのWebサイトは、様々なデバイスに適応するためのレスポンシブデザインが施されています。商品の画像や詳細情報、レビューなどのコンテンツが、どのデバイスからアクセスしても視覚的に鮮明で直感的に理解できるように配慮されています。

二つ目の事例は、ニュースメディアのThe Boston Globeです。彼らは早くからレスポンシブデザインを取り入れ、スマートフォンやタブレット、PCといった多種多様なデバイスからのアクセスに対応しています。記事の文字サイズや配置、画像のサイズなどが、使用するデバイスのスクリーンサイズに応じて自動的に調整されます。

成功するレスポンシブデザインのために

レスポンシブデザインを成功させるためには、以下の要素を考慮することが重要です。

  • 1.ユーザーエクスペリエンス:全てのデバイスで一貫したユーザーエクスペリエンスを提供しましょう。デザインだけでなく、サイトのパフォーマンスも考慮に入れる必要があります。
  • 2.コンテンツの表示:重要なコンテンツはどのデバイスでも確実に表示されるようにしましょう。また、必要な情報は適切な順序で表示されるように配置しましょう。
  • 3.テストと改善:デザインをリリースした後も、様々なデバイスでテストを繰り返し、ユーザーフィードバックを元に改善を続けることが重要です。

これらのポイントを押さえながら、自社のWebサイトにレスポンシブデザインを導入することで、より良いユーザーエクスペリエンスを提供し、ビジネスの成長に寄与することが可能となります。

06 レスポンシブデザインの制作プロセス

レスポンシブデザインの導入を検討している方向けに、制作プロセスを段階別に詳しく解説します。

プランニングと設計

制作プロセスの最初の段階は、プランニングと設計です。ここで考慮すべき点は、ターゲットとなるユーザー、そのユーザーが使用するデバイスの種類、サイトの目的と目標、必要なコンテンツなどです。これらの情報を基に、レイアウトの概念図やワイヤーフレームを作成します。

レスポンシブデザインでは、デバイスの種類ごとに異なるデザインを作成するのではなく、全てのデバイスで適切に表示される一つのデザインを作成します。そのため、初期段階からさまざまな画面サイズを考慮に入れることが重要です。

実装とテスト

次に、設計を元にした実装が行われます。この段階では、フロントエンド開発言語(HTML、CSS、JavaScriptなど)を用いてデザインをコーディングします。また、レスポンシブデザインの実装には、メディアクエリやフレキシブルグリッド、フレキシブル画像などのテクニックが用いられます。

実装が完了したら、さまざまなデバイスで表示が適切に行われるかテストをします。テストでは、異なる画面サイズや解像度、オペレーティングシステム、ブラウザなどで表示と動作を確認します。問題が見つかった場合は、修正を行い再度テストをします。

メンテナンスと改善

Webサイトがリリースされた後も、メンテナンスと改善の作業は続きます。ユーザーのフィードバックやアクセス解析データをもとに、サイトの使用状況を評価し、必要に応じて改善を行います。また、新たなデバイスやブラウザが登場した場合も、それらに対応するための更新が必要となります。

レスポンシブデザインの制作は一筋縄ではいきませんが、その労力は高いユーザビリティとSEO対策によるリターンで報われます。

07 モバイルファーストとレスポンシブデザイン

近年、インターネットの利用はPCからスマートフォンやタブレットへと大きくシフトしています。その中で、「モバイルファースト」の考え方とレスポンシブデザインの組み合わせが注目を浴びています。それぞれの概念と、その組み合わせの利点について解説します。

モバイルファーストとは

モバイルファーストとは、Webデザインや開発の初期段階からモバイル端末(スマートフォンやタブレット)を主に考えるアプローチのことを指します。この考え方は、PC向けに設計した後でモバイル向けに調整するという従来の流れを逆転させ、まずモバイル向けに設計し、その後でPCや大画面のデバイス向けに拡張していきます。たとえばスマホのデザインをベースに展開する方法もあります。弊社の事例でいうと、株式会社のむらさん、ドライブスルー青果店『のののんのん』、金沢駅のエキナカ新店舗『石川百右衛門』のホームページなどが挙げられます。

株式会社のむら ホームページ

のののんのん ホームページ

石川百右衛門 ホームページ

レスポンシブデザインとモバイルファーストの組み合わせの利点

レスポンシブデザインとモバイルファーストを組み合わせることで、ユーザビリティの高い、どんなデバイスからでも適切にアクセスできるWebサイトを制作することが可能となります。以下にその主な利点を挙げます。

  • 1.ユーザーエクスペリエンスの向上: ユーザーが最も利用するであろうデバイスからデザインすることで、ユーザーの期待に応えるインターフェースを提供することができます。
  • 2.ページの読み込み速度の改善: モバイルファーストのアプローチを採用すると、必要最低限の機能やコンテンツだけをロードすることから始め、追加の機能やコンテンツは大きな画面での閲覧時にのみロードするという設計が可能となります。これにより、特にモバイル端末でのページの読み込み速度が改善されます。
  • 3.SEOの向上: Googleなどの検索エンジンは、モバイルフレンドリーなサイトを評価する傾向にあります。モバイルファーストとレスポンシブデザインの組み合わせは、SEOの観点からも有利です。

これらを踏まえ、モバイルファーストとレスポンシブデザインの組み合わせは、現代のWeb制作において重要な要素となっています。

AUTHOR:

VOICE

CONTENTS

ホームページ ⅩⅩ

問い合わせが急増!ホームページで効果的なCTA設置の秘訣

ホームページ ⅩⅨ

ブランディングとECの融合:オンラインビジネスの新たな潮流

ホームページ ⅩVIII

マーケティングから始まるホームページ制作の成功法則

#ホームページ ⅩⅦ

ホームページの集客術 SNSの効果的な活用法

#ホームページ ⅩⅥ

AIの進化と共に変わるホームページ制作:新たな関係性の創造

#ホームページ ⅩⅤ

ホームページと採用:過去の教訓と未来への展望

#ホームページ ⅩⅣ

企業の顔となるホームページ:ブランディング戦略を活かした制作術

ホームページ ⅩIII

ブランディングの核心:ゴールデンサークルを活用した価値の可視化

ホームページ ⅩⅡ

ホームページ制作におけるChatGPTの役割と新時代のSEO戦略

ホームページ ⅩⅠ

ホームページの保守管理とSEO|メンテナンスのSEOへの影響

ホームページ Ⅹ

SEOとGA4|新しいアナリティクス時代の最前線

ホームページ Ⅸ

コンテンツファーストなホームページ制作

ホームページ Ⅷ

効果的なWEBサイト制作のポイント|目的を明確にする理由

ホームページ Ⅶ

金沢でのホームページ制作費用:予算別ガイドと選び方

#ホームページ Ⅵ

SEO対策の種類と詳細:内部対策と外部対策の違いについて

#ホームページ Ⅴ

SEO対策で変わるホームページの可能性:効果的な戦略と実施法

#ホームページ Ⅳ

ユーザビリティとアクセシビリティ Webサイトの新たな標準

#ホームページ Ⅲ

Webサイトのレスポンシブデザイン モバイルフレンドリーの重要性

#ホームページ Ⅱ

ホームページ作成を依頼する前に知っておきたい5つのポイント

#ホームページ Ⅰ

集客を意識したホームページ制作

CONTACT
お問い合わせ

Q&A
よくある質問

閉じる

制作に関する
ご依頼・お問い合わせ

ブランディングやホームページ制作、
グラフィックデザインなどの制作に関する
ご依頼やご相談については
お電話またはお問い合わせフォームから
お願いいたします。
またお急ぎの方にはZoomでのご相談も受け付けております。

電話でお問い合わせ

tel.076-254-0210
受付時間 9:00-18:00

tel.076-254-0210受付時間 9:00-18:00

お問い合わせフォーム オンライン相談
閉じる

よくある質問

Q.県外からの依頼でも対応は可能か?
A.全国各地にお取引先があり、柔軟に対応してきた実績があります。まずはリモートでのご面談などでもけっこうですので、どうぞお声かけください。
Q.コンペに参加いただくことは可能か?
A.基本的には参加しておりませんが、弊社にお声掛けいただいた動機などを聞かせていただけると幸いです。諸条件なども確認できましたら、ご検討させていただくことも可能です。まずは詳しいお話を聞かせてください。
Q.紹介者はいないが新規取引できるか?
A.ご紹介者がいなくても問題ありませんが、まずは一度ご面談をさせてください(リモートなどでももちろんけっこうです)。お話をさせていただいて、御社にとって、本当に弊社に依頼してよろしいかを判断する機会になると思いますので、どうぞよろしくお願いします。
閉じる

制作実績