VOICE SPIRIT

マイルス・デイヴィスになりたい。

VOICEは何屋か?

難問です。

ただのデザイン会社でも広告会社でも

Web制作会社でも映像制作会社でもない。

そのすべての機能を備えていますが、

そのどれかで生計を立てている会社ではない。

 

以下は先週だけで、社内で動いていた仕事の一部。

◎石川県の2社の経営理念・行動指針開発

◎県外の飲食店のプロデュース業務

◎県内外の2社のブランディングのキックオフ

◎某地方都市のまちづくり会社のコンセプトメイキング

◎半年前から続く商品開発プロジェクト

 

今週はマンションのネーミング&コンセプト開発が加わる。

県内の企業の新規事業開発のプロジェクトもはじまる。

 

お客様の真の問題を解決しようとすると

デザインや広告の枠組みを超えた仕事だらけになる。

結果、既存の業界や業態には収まらなくなる。

だんだん何屋かわからなくなる。

いいと思います。

事業の本質をつきつめている企業は、

おおむね既成の業界や業態からはみ出ていく。

 

あるいは、自身が業態になっていく。

イノベーターがそう。

アーティストもそう。

「俺の音楽をJAZZと呼ばないでくれ」

帝王マイルス・デイヴィスの言葉です。

JAZZの革新者であるマイルスは、

作品ごとに既存の枠組みを超えていった。

カテゴライズできない。どんなジャンルにも属さない。

自分自身がジャンルになる。

 

VOICEの仕事をデザインと呼ばないでくれ」

わたしたちのあるべき姿です。

2019.04.01