VOICE PROJECT

広告クリエイターは広告のことしかできない?テレビCMの枠の中や、紙媒体のスペースの中や、インターネットの中でしか活躍できない?そうではありませんよ、と申しあげたい。VOICEとDIORAMAは、それを実証するために結成した会社です。ここにご紹介するプロジェクトは、クリエイターの可能性を広げるための活動です。あんなこともできるし、こんなものもつくれる。あんな業態も開発できるし、こんな事業も運営できる。わたしたちの活動をご覧いただき「へぇー広告クリエイターってこんなこともできるんだ」と感じていただけたらしあわせです。

ブラッスリー1945

フルオブビーンズの姉妹店として石川県小松市にオープンしたダイニング&バーは、VOICEの経営する2つめの飲食店です。1945年に建てられた町家をリノベーションして、世界各国のヴィンテージインテリアを散りばめました。野菜にこだわったメニューを中心に、旬のお魚やお肉も楽しんでいただけます。お酒に合うメニューもたくさん用意しています。 www.delicious1945.jp

フルオブビーンズ

築100年を超える金沢の町家を改装したカフェ&ダイニング。VOICEにとって1店舗目の経営となる飲食店です。坪庭があり、縁側があり、畳敷きの部屋に欧州のアンティークインテリアを配して独特の空間をつくりました。2階はイベント・パーティースペースとして利用できます。わたしたち自身で欧米で買い付けてきたアンティーク雑貨も販売しています。 www.fullofbeans.jp

NPOタテマチ大学

石川県金沢市のタテマチ商店街に“開校”したタテマチ大学は、「誰でも無料で学べる場の提供」をコンセプトにした中心市街地活性化NPOプロジェクト。学校の教室を模した空間で、地元の多彩な分野の識者やプロフェッショナルのお話を聴く“授業”を月3〜4回開催。部活動と称したコミュニティや校外イベントも多数生まれました。 www.tatemachidaigaku.jp

ナインバレーポタリー

九谷焼のテーブルウエアブランドを立ち上げました。石川産の花坂陶石と九谷赤土をオリジナルブレンドして開発した商品たちのコンセプトは「九谷焼をヌードにする」です。九谷五彩と称される絵付けをあえて施さず、九谷の土のやわらかさやあたたかさを楽しんでいただけます。フルオブビーンズを中心に販売し、おかげさまで多くの方々にお買い求めいただけました。 www.fullofbeans.jp/ninevalley/

こまつ町家文庫

石川県小松市の中心市街地に残る築80年の町家を改装して、「リサイクル図書館」と名づけたコミュニティを運営しました。市民のみなさんの“読まなくなった本”を、町家の書棚にある”読みたい本”と交換できる。いわば”本の交換所”です。中心市街地の元気と市民の交流の場の創出を目的にした約1年間の期間限定事業ですが、おかげさまで多くのお客様に親しまれました。

金沢社中

地元石川県の若手経営者とともに学ぶ勉強会を『金沢社中』と題して開催。石川県本社のビーインググループCEOの喜多甚一氏を顧問に迎え、通常の研修会やセミナーとは一線を画すように、毎回趣向を凝らした勉強会を月1回のペースで実施。経営論、組織論、リーダーシップ、地域経済、都市文化などディスカッションテーマは多岐に渡ります。

IKON

VOICEでプロデュースさせていただいている石川県の工芸作家チーム「IKON(アイコン)」です。集まった10名の工芸作家は、全員が“世襲じゃない”ということで共通している作家です。作家たちの作品はフルオブビーンズで展示販売しています。世襲じゃない工芸作家集団 IKON