VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2019年2月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

評価を下すのは誰か。お客様か。ちがう。

仕事を評価するのは誰か。

上司か。

お客様か。

ちがう。

自分だ。

自分の仕事は、自分自身が評価しなければならない。

自分の仕事を良しとするのか。

ダメだしするか。

自分は有能か。

満足か。

それとも不充分と考えるか。

自分自身の自己評価が結果を大きく分ける。

仕事の質も変えていく。

仕事のクオリティというのは

当人の評価基準がつくる。

当人が良しとするライン設定が

そのままクオリティの高低になる。

だから自分の仕事の評価は

いつも「厳しい自分」が担当しなければならない。

かんたんな話、

いい仕事をする人は
評価基準が高い。

いい仕事ができない人は

基準が低い。

できないのではない。

それでいい、と思っている。

それが仕事だと思っている。

それ以上やる必要性を感じていない。

ページトップへ戻る