VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2019年3月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

好き?

「わたしはこっちのコピーが好きだから」
「こんな感じのデザインが好きだから」
「赤が好きだから」
「派手なほうが好きだから」
「こういうセンスが好きだから」
そういう「好き」が基準で、
たとえば広告の企画がつくられる。
好き嫌いで案が選ばれる。
ピンチだと思います。
「好き」からは何も生まれません。
ここでいう「好き」というのは
趣味程度に好き、といった意味合いです。
「そんなムズかしく考えないほうがいいよ」
「好みでもなんでもパッと見の感覚が大事だろ」
そういう声が聞こえてきそうです。
たしかにそうですね。
でも、そういったセリフのほとんどは、
考え抜くことができない人の言いわけや
ごまかしとして使われます。
理屈っぽいのがいけないのはわかってる。
理屈っぽい広告がよくないのも知っている。
だけど、理屈にあわないことはしてはいけない。
ナマイキすみませんですが、
ほんとうにそう思うので。
そういえば、ある作家は、
「趣味的なものからは何も生まれない」
といっていました。
賛成です。
ページトップへ戻る