VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2019年3月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

伝わってくる思慮深さよ。

「しゃべれなければデザインで食っていけない」
と、アートディレクターの武田裕司が言っていた。
なぜこういう企画なのか。
なぜこのメッセージなのか。
なぜこんなデザインなのか。
アートディレクターやデザイナーは
その意図を説明する義務と責任がある。
もちろんコピーライターやCMプランナーにも、ある。
「なんかこのほうがよくないですか」
と言っているに等しい説明や、
断じて説得性に乏しい解説をする。
しゃべれていない。
クリエイティブは理屈じゃない。
が、完璧な答えのない世界だからこそ、
問題解決をまかせてくださる方々は
クリエーター本人を信じるしかない。
何をもって信じるか。
そのクリエーターの発する言葉であり、
そこから伝わってくる思慮深さだと思う。
ものづくりをする人間は
寡黙で口数の少ないイメージがある。
それは一世代前ではないか。
いや、昔から一流と称される人たちは
しゃべっていたはずだ。
「理屈っぽいこと苦手ですから」
「しゃべるの得意じゃないんです」
そういう発言やポーズをする若い人がいる。
だからものづくりの仕事に就いたんだ、という。
最も危険なパターン。
我々はそういう人間をほうっておけないし、
我々自身もしゃべって伝達する力を磨かねばならない。
ページトップへ戻る