VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2019年3月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

けっきょく、目のつけどころ勝負よね。

きょう新聞広告のコピーをつくっていて思いました。
企画ってどーだこーだと日ごろ社内でいろいろ話をしますが、けっきょくすべては、目のつけどころがオモシロイかどうかじゃないか。なと。
目の前に商品があるとしますよね。
一般の人たちは正面からしか見れません。
クライアントもたいていは正面からしか見ていません。
プランナーも、クリエーターも、なにも考えなかったら正面から見ます。
視点がみんないっしょです。
おんなじ面を眺めながらオモシロイことを考えようとしてもムリがある。
ちがう面がある、ということを発見すること自体がオモシロイんだと思います。
「オモシロイ発想だな」は「オモシロイ見方だな」と等しいです。
「もっと柔軟な発想で考えなさい」
と若い人や部下に教えるのはよくないですね。
柔軟に考えなさい、というのは、もっともなことなんですけどね。
でも、紋切型だし、分かったようで分からないんじゃないか。
それよりも「ちがう面を見なさい」と話したほうが伝わりやすいのではないか。
「目のつけどころを意識しなさい」
そうアドバイスしたほうが感覚をつかみやすいのではないかな。
ページトップへ戻る