VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

お客様の問題を解決すること以外に利益を出しつづける方法はない。

利益を出そうとするから

儲からないのである。

利益を生むために

手っとり早くコストを下げようとするから
利益が出ないのだ。

コストを落として

大切なものまで落としている。

そこに早く気づかないと

いつまでたっても利益は得られない。

利益を出しつづける方法は

ほぼひとつしかない。

お客様の問題を解決することである。

取引業者を値引いたり

仕入内容を見直したり原価率を下げたり
なんなら人件費を削減することで
お客様の問題解決はやりやすくなるのか。

難しくなる。

どんどん難しくなっていく。

その自覚はあるか。

自分たちが本来発揮すべき

問題解決力が低下する要因をつくっている
という認識はあるか。

ちゃんと認識したうえで

それでもパフォーマンスを落とさない対策が
あるのならいい。

たいていは、ない。

だから、お客様の問題解決ができなくなる。

だから、お客様の満足を集められなくなる。

だから、お客様が減っていく。

だから、利益も減っていく。

仕事というのはコストダウンが最優先ではない。

いかにお客様に満足していただくかが先。

考える順番をまちがってはいけない。

会社の動力。

やりたいことがある。

覚えたいことがある。

見たいものや聴きたいものや

味わいたいものがある。

そういう欲求のエネルギーが

生きるってことではないか。

会社もそうではないか。

やってみたい仕事や

試してみたい方法や
みんなで見てみたい景色がある。

そういう欲求があるから

会社は生きている。

欲求のない会社は推進しない。

動力のない機械と同じ。

儲けたい、は欲求ではない。

会社の動力にはなりえない。

儲けて得る利益は

欲求を満たすための源泉にすぎない。

必要条件ではある。

だけど、それ以上でもそれ以下でもない。

こんな話をすると

「きれいごとをならべるな」
と煙たがれる。

そういう人にはこう申し上げる。

「だからVOICEはみなさんのような大きな会社ではないんです」

開き直っているのではない。

わたしたちはわたしたちの欲求にしたがって生きている。

すべての会社が横並び的に同一の欲求をもつ必要はない。

断言できる。

やりたいことがなくなったら

VOICEは推進しない。

儲けることを欲求の対象にしたVOICEは

動力をなくした機械になる。

採算のあわない仕事が

きょうも社内に飛び交っている。

でも、

ほんとうにやりたくない仕事は
ここには1件もない。

真の人。

いつも思う。

カッコいい人は

生き方に座標軸をもっている。

男性も女性もそう。

その持ち得る確固たる座標は

真剣に生きてきたからこそ得られるものだ。

適当を、安易を、軽率を嫌う。

真摯に考える。

真率に行動する。

その結果として確立した軸は

なかなかブレない。

軸とは信念と言い換えてもいい。

哲学とも言える。

頑固な人とブレない人は似て非なる。

ブレない人は

素直さを備えている。

やわらかさがある。

もっている軸にしたがって

あらゆるものを
受け容れることができる。

頑固な人は固辞する。

固執する。

軸がないから考えられない。

結果、真偽をジャッジできない。

判別できないから拒むしかない。

受け容れられない。

頑固者には、信念があるようで、ない。

真意や真価や真性を見定められる。

そういう人間になりたいから

真剣に生きなくちゃとつくづく思う。

会社もそう。

人は、古今東西、失敗する。

人間が望んでチャレンジしたことは

99%失敗しているのだろう。

歴史を読めばわかる。

史実として語り継がれているのは

成功した1%のぶんだけで
その陰には99%の失敗がある。

たとえば明治維新は

改革に「成功」したから
歴史の教科書に載っている。

年表にない倒幕運動の失敗は

江戸時代の265年間で
それこそ大小無数にあったはずだ。

人間のチャレンジは

うまくいくことのほうが稀なのだ。

でも、

チャレンジしなければ
あたらしいことは100%起こらない。

挑戦する。

失敗する。

また失敗する。

三たびも四たびも失敗する。

だけど、時に、成功する。

そうして歴史は流れていく。

あんがい、淡々と、失敗をくりかえしながら流れていく。

だから、失敗は恥ではない。

人間は、古今東西みんな失敗する。

上手くいったら儲けもの。

そういうふうに考えて

安心してチャレンジすればいい。

若いんだったら、とくに。

ページトップへ戻る