VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

正しさが基準。

計算高く生きるのもいいだろう。

でも、算盤をはじく前に

何が正しいかを基準に行動するほうが
大事なのではないか。

豊臣秀吉の中国大返しを史実とすれば

秀吉は織田家の忠臣のなかで
いちばん道徳に忠実だったといえる。

織田信長が明智光秀に殺された。

師の敵を討たねばならない。

そのときの秀吉に、

光秀に勝てるか負けるか
という計算はない。

本能寺の変のあった京都周辺には

織田家の家臣はたくさんいた。

次男の信雄も三男の信孝もいた。

誰もすぐに駆けつけて敵を討とうとしなかった。

みんな形成をうかがい、計算していた。

秀吉だけが動いた。

計算も、戦略も、戦術も、なく。

勝ってもよし。負けてもよかろう。

そんなことより

やるべきことをやらねばならない。

後世の歴史家の一部は

秀吉のしたたかさを唱える。

はたしてそうか。

秀吉は「しめた」と思ったのか。

天下に君臨する千載一遇の好機ととらえ、

したたかに事を進めて光秀をしとめようとしたのか。

そうは思わない。

敵を討たねば。

やるべきことをやらねば。

正しいことを正しくおこなうという

豊臣秀吉の素直さが
あの中国大返しを決行させたのではないか。

頭ではなく心で考える。

正しさにもとづいて行動する。

でなければ、大きな決断はできない。

計算が先立つようでは

大事というものは決行できない。
ページトップへ戻る