VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

自分以上を演じている自分。

社長なんて、社員がいなけりゃ、ただの人。

少なくともVOICEの社長はそう。

数年前。占い師みたいな人に言われました。

「あんた周りのおかげで自分の実力以上のことをやれとる」

異論はございません。

自分がジブン以上のものを演じていることは

自分がいちばんよくわかっている。

VOICEの社員は質が高い。

なにせこんな自分を社長として機能させているんだから。

社長が社員をつくるのではない。

社員が社長をつくっている。

VOICEの強運。

それは新卒採用で毎年最高と思える人に

VOICEを選んで入社してもらっていること。

ことしも来月に会社説明会を開催します。

(facebookより)

CREATIVE SEMINAR’14

VOICEは「不」だらけです。

センスが不充分です。技術は不揃いです。

経営は不器用で、組織は不合理。
どこを掘っても不具合が出てくる。

業態は不格好。

広告をつくるチームがカフェやNPOも運営する
という不自然な事業構成。
業界の不届き者。代理店や媒体への不作法もはなはだしい。

まるで不完全な会社。それでも不思議と13年やれている。

不束者なのに多くのクライアントに恵まれている。
先行き不透明な時代でも不気味なくらい自信がある。

なぜでしょう?

2月16日(土)に会社説明会『クリエイティブセミナー』を開催します。

来春卒業予定のクリエイターを志す学生のみなさんが対象です。

あらかじめ用意した都合のいいコトバで会社をとり繕うことはしません。

悪いところも、ダサイところも、未熟なところも。

不完全なVOICEのありのままを見てください。

詳しい情報や参加お申し込み方法はこちらをご覧ください。

みなさんの参加をぜひお待ちしています。

facebook page SideBより)

CREATIVE SEMINAR'14

VOICEは「不」だらけです。

センスが不充分です。技術は不揃いです。

経営は不器用で、組織は不合理。
どこを掘っても不具合が出てくる。

業態は不格好。

広告をつくるチームがカフェやNPOも運営する
という不自然な事業構成。
業界の不届き者。代理店や媒体への不作法もはなはだしい。

まるで不完全な会社。それでも不思議と13年やれている。

不束者なのに多くのクライアントに恵まれている。
先行き不透明な時代でも不気味なくらい自信がある。

なぜでしょう?

2月16日(土)に会社説明会『クリエイティブセミナー』を開催します。

来春卒業予定のクリエイターを志す学生のみなさんが対象です。

あらかじめ用意した都合のいいコトバで会社をとり繕うことはしません。

悪いところも、ダサイところも、未熟なところも。

不完全なVOICEのありのままを見てください。

詳しい情報や参加お申し込み方法はこちらをご覧ください。

みなさんの参加をぜひお待ちしています。

facebook page SideBより)

VOICE HYAKKEI Ⅵ

VOICEのメンバーが撮ったスナップを公開していく『VOICE HYAKKEI』。

第6回は2012年に訪れたフランスとイギリスの写真100点。

www.brandvoice.jpのメインバナーからご覧ください。

で、ここでは100点内に入らなかった自分のボツ作を・・・。

ボツ作が多すぎ。なのでひとまずparisの写真だけ。

『VOICE HYAKKEI Ⅵ』は他のメンバーのいい写真がいっぱいです。ぜひご覧ください。

paris201212


先月パリで撮った写真。やっと半分くらい整理できたので。

去年の6月に行ったときは日の入り時刻が22時ごろ。

今回はだいたい16時には暮れていた。

ヘタなので夜撮ったものは現像すると暗くて写ってないのばっかり。

こんどは時間を見つけてイギリスの写真を。

VOICE ver.2013

伸びしろのある会社でありたい。

言いかえると未完成の会社でありたい。

未熟者でかまわない。

成熟しそうになったら

わざと未熟な状態にもっていく。

うちのメンバーならわかると思うけど、

それがVOICEのスタイルになっている。

未熟でありつづけるために、未知のものを目の前に用意する。

まだわたしたちが知らない仕事や、

事業や、課題や、プロジェクトをつくりだす。

「ソレできるようになった?じゃぁ次コレやろうか。」

ソレにしがみついていたら

伸びしろはどんどん目減りしていく。

だからまた新しいところで伸びしろをつくっていく。

そのくりかえしだから

VOICEには蓄積というものがない。

なくていい。

VOICEはまだまだ蓄えるときじゃない。

いまだ学習すべきときである。

正直、このやり方にはリスクがある。

疲弊である。

次から次へと新しい課題が提示されると疲れる。

ペース配分が要る。

階段に踊り場を設けるように。

2012年はどんな年だったかというと、

伸びしろをつくった1年だった。

つまり、自分たちを未熟者にした1年だった。

あまり1年単位で物事を考えたり

目標を定めることはしないのだけど、
あえて言うならそうなる。

「ほら、わたしたちはまだこんなにできないんだぞ」

つまり、まだまだ成長できるんだぞ。

2013年は、去年つくった伸びしろに向かって進む年になる。

ページトップへ戻る