VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Recruting Policy

どんなに多くの仲間を集めても
それぞれが好き勝手にやっていたら
ただの烏合の衆だ。

集団の強みを発揮できない。

むしろ人数が多いぶん

乱れやすく収拾がつかない。

軍は利となり、衆は危となる。

軍団か、群衆か。

まとまりに欠ける集団なら

個人のほうがマシだ。

組織の肥大化は

組織の安定化とイコールではない。

採用活動をする。

集団を強くする。

そのために仲間を増やす。

集団が強くなる仲間づくり、でなくちゃいけない。

同じ志をもてる人、を増やさなくちゃいけない。

中途採用も、新卒採用も、そこは同じ。

多算なれば勝ち、少算は勝たず。

やってみないとわからない、という。

でも、

なんの準備も意図もなく
やってみても
けっきょく何もわからない。

「やってみなくちゃわからないだろ」

というのは

「行きあたりばったりでやれ」

と等しい。

無謀な行動から

学び得るものは
ほとんどない。

「たまたまうまくいった」

これを繰り返してきた人ほど

いま、苦しんでいる。

無謀ゆえの無学。

無策をつづけた果ての無知。

そのツケである。

行きあたりばったりが

いい結果を生むこともある。

が、

それはラッキーパンチであり
実力ではない。

結果がほしいのか、

実力がほしいのか。

二者択一なら

VOICEは
いま実力がほしい。

ひとつの仕事から

何を得たいかといえば
成長のための糧がほしい。

先は長い。

VOICEのメンバーは全員若い。

前年業績対比より

前年成長対比に関心を寄せたい。

将来の担保は

キャッシュではない。

真の実力である。

つじあやのウクレレ教室2011

先日開催された

「つじあやの ウクレレ教室2011 in タテマチ大学」。

これ行きたかったなぁ。

超満員だったとか。

予定が合わず。かなりくやしい。

当日の詳細レポートが

タテマチ大学学級日誌にあります。

新卒採用について。

2012年3月卒業の方を対象にした
採用活動の準備をしています。

当社のスケジュールは

毎年恒例のクリエイティブセミナーを皮切りに
面接・就業体験・実技テストなどを経て内定に至ります。

まずはクリエイティブセミナー/会社説明会に

ご参加いただくことになりますが、
その前にWebからのエントリーを受け付けています。

エントリーしていただいた方には

採用に関する情報やセミナー日程などを
当社よりお届けします。

クリエイティブセミナーは5月中旬開催を予定しています。

興味のある方は

RECRUITのコーナーをご覧いただき
GUIDELINEからエントリーしてください。

SACRED HEART WARRIORS

かつてVOICEのメンバーだった山崎哲平くんが
ニューヨークでの修業を経て
今春から自身のレディースファッションブランドを
立ち上げて活躍しています。

SACRED HEART WARRIORS

セイクリット・ハート・ウォーリアーズと読みます。

昨年、

「起業するので相談に乗ってほしい」
と3年ぶりに連絡をもらったときは感激した。

礼儀正しく。義理堅く。謙虚と感謝を忘れない。

彼のような人にこそぜひ成功してほしい。

山野之義市長×秋元雄史館長。

秋元雄史のまちなか対談シリーズ#5

「新市長先生!さぁ、金沢の都市文化をどうデザインしちゃいますか?」
21美の秋元館長と語る“ざっくばらんな都市デザイン論”講座

ゲスト:山野 之義(金沢市長)
コーディネーター:秋元 雄史(金沢21世紀美術館 館長)

Turn your lights down low

東京に2日間滞在していました。

街が灯りを消していました。

欲望を消した東京はとても美しい街でした。

YouTube Preview Image

Turn your lights down low / LAURYN HILL&BOB MARLEY

で、この曲を思い出した。

まさかのBOB MARLEY feat. LAURYN HILL。

LAURYN HILLのからみがカッコよくて

10年くらい前によく聞き惚れてました。

(you tubeでご覧ください)

Cajon

タテマチ大学でお世話になっているカホンさんが
東北地方太平洋沖地震の
被災者の方々に送る衣服を集めています。

モンベル羽咋物流センターさんのご協力で

東北地方に荷物を送っていただけるそうです。

着ていないウェアやナイロンジャケット、

インナーなどがあったら
カホンさんまでお持ちください。

被災地への運搬は定期的に行うようです。

なるべくきれいな衣服をお持ちくださいとのことです。

傷みや汚れがひどいものだと

けっきょくゴミの山になってしまうようです。

阪神大震災のときにそのようなことがあったそうです。

ご協力よろしくお願いします。

Cajon

金沢市藤江北4丁目491番
TEL 076-267-7000

Shanghai-Bangkok-Pattaya Ⅳ


ビーチ篇は乗合船からスタート。

パタヤから沖合い10kmに浮かぶラン島へ。

疲れてきたので、次で最後にします。

旅レポートは

ひきつづきメンバーズブログ
やってますのでぜひ。

Shanghai-Bangkok-PattayaⅢ


つづいてパタヤナイト篇。

そしてパタヤビーチ篇につづく。

ページトップへ戻る