VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

好きこそものの個性なれ、か。

だいたいは
個性を大事にする。

尊重して、伸ばして、発揮させて、活かそうとする。

それはいい。

では、人の個性とはなにか。

個性の正体は、好みではないか。

その人の好みが

その人の個性をつくる。

最初から個性があるわけではない。

嗜好がだんだん個性をつくっていく。

じぶんが何になりたいか。

それも、その人の好みによる。

個性が強い人たちは

そもそも好みがわかりやすい。

企業にも個性があるといい。

企業の好みが個性をつくる。

ようするに、どんな活動を好むのか。

これは好き。だからやる。

これは嫌い。だからやらない。

そのへんはっきりさせたい。

「お金を稼ぐのに好き嫌いなどあるか!」

とやってしまうと、

個性はいつまでもつくられない。

いや、そうでもないか。

お金ちゃん大好き会社

というレッテル(個性)が貼られるか。

危険な精神論。

精神論に
寄りすぎると
思いこみが膨張する。

客観的視点が欠如する。

自分の精神論に合わない現実を

排除してしまう。

非現実主義者になる。

知らないうちに

現実逃避の格好になる。

ビジネスはリアルだ。

仕事の局面でほしいのは

精神論ではなく具体論だ。

結果を出すために

具体的にどうすればいいか。

精神論者は、それを提示できない。

「精神論を好むリーダーは実務にたずさわっていない」

いつか目にした誰かのコメントは、

なるほどたしかにそうだ。

「やればできる!」

「自己変化が成果をもたらす!」

そのような助言が

現場でほぼ役に立たないことを
実務にたずさわっていないので解っていない。

決断は勇気ではない。

選択を迫られるときがある。

何かを選ぶということは、

何かを捨てるということだろう。

キレイな女性を誘うか

カワイイ女性を誘うかを決める。

カワイイ女性にする場合は

キレイな女性は捨てなくちゃいけない。

例えがよろしくない(笑)。

しかも相当にぜいたくな選択である(笑)。

決断力の話である。

目的やビジョンがはっきりしている人は、

それが不明瞭な人よりも迷わない。

最優先事項を把握しているから

何を選んで
何を捨てるべきかがわかる。

優柔不断な人というのは

優先順位を決められない人である、
という言い方もできる。

というか、

そもそも目的や好みや
テーマのようなものが明確じゃないから
優柔不断におちいるのだろう。

決断力は

勇気や覚悟といった
精神論ではない。

柴田正良教授×秋元雄史館長。

昨晩のタテマチ大学は

ムズカシくてオモシロかった。

近年まれに見るほど勉強になった1日だった。

「柴田先生は頭がいいから何をふったっていいよね」

秋元館長が授業の前に

そうおっしゃってましたが
ホントにそうだった。

その柴田教授の哲学話を

誰よりも理解して
縦横無尽のトークができる
秋元館長もすごいなぁと。

で、

話についていけない自分が
情けないというか…。

金沢21世紀美術館 館長

秋元雄史のまちなか対談シリーズ#2
「哲学先生!つまり、アトム誕生は夢ではないんですか?」
ロボットに心は宿る!?現代哲学の第一人者に聞く「心の哲学」
ゲスト:柴田 正良(金沢大学人間社会学域人文学類長)

秋元館長いわく

「きょうはあえて進行を考えてこなかった」
という授業の様子は
タテマチ大学学級日誌に詳しく。

MEMOはMEMORYか。

大事なことも寝るとすっかり忘れてしまう。

どうしたらいいですか?

と悩んでいる(?)人がいるらしい。

どうしたら?

そんなのカンタンじゃないのかなぁ。

メモしとく。

以上。

よくメモをとる人がいる。

でも、

たぶんこの人は読み返さないだろうな、
と思うことがある。

 

メモをとる人が10名だとしたら
うち1~2名しか読み返さない。

そんな比率じゃないか。

ちゃんと頭に残っているから

メモを読み返す必要がないのだろうか。

だとしても、

頭のなかの記憶とメモの内容は
あんがいちがったりするものだし。

時間を置いたら

最初とは異なる解釈ができたり
ますます深く理解できたりもするし。

メモをとる習慣より、

メモを読み返す習慣のほうが
大事だったりしないか。

今回は次回のために。

結果がすべてではない。

過程を見つめなければ進歩はない。

結果オーライで

事を処理してしまうと
なにも残らない。

ゼロ。

将来性を担保する。

そのためにプロセスにこだわる。

担保を大きくしていかないと、

シンドイ思いを
延々とくり返すだけじゃないか。

なんのために

今やっているかといえば、
次のためなのだ。

今は次のために。

今回は次回のために。

今回の結果が次につながるのではない。

今回の過程が次につながる。

哲学しませんか?

あさってのタテマチ大学の対談授業が待ち遠しい。

昨日も柴田正良教授の

著書「ロボットの心」(講談社現代新書)を読んだ。

哲学…ムズカシイ…。

でも…オモシロイ…。

「考えるということの本質は何か?それは…」

秋元雄史のまちなか対談シリーズ#2

「哲学先生!つまり、アトム誕生は夢ではないんですか?」
ロボットに心は宿る!?現代哲学の第一人者に聞く「心の哲学」

ゲスト/柴田 正良(金沢大学人間社会学域人文学類長)

コーディネーター/秋元 雄史(金沢21世紀美術館 館長)

空席あります。残りわずかです。

たまにはいっしょに哲学しましょう!

既知と未知。

若いうちはいろんな経験をしよう。

そしていろんなことを吸収しよう。

人生の先輩諸氏は

そういうことを
気安く言っちゃいけない。

新しいことを

吸収するなんて
なかなか大変なことだぞ。

未知のものを理解するためには

既知が必要になる。

すでに知っていることが素地になる。

素地がないのに

あれこれ見聞きしたところで
けっきょく何も理解できない。

そもそも、気づけない。

既知に対して未知がある。

既知がなければ未知はない。

結論、若いうちは特化したほうがいい。

あれこれ手を出すのではなく

ひとつのことに取り組む。

一心不乱に。

広く浅くじゃなくて

狭く深く既知をつくることができるか。

未知の世界は

そうしないと広がっていかない。

北村庄吾先生登壇。

日曜日のタテマチ大学。

「年金博士」こと北村庄吾先生が

ほんとうにタテマチ大学に来てくれた。

資格研究部プレゼンツ特別授業 

「シカク先生!『資格で年1800万円稼ぐ法』があるんですって?」
年収1000万プレーヤーを100人育てた社労士の資格活用学

先生:北村庄吾氏/(株)ブレインコンサルティングオフィス代表/社労士

授業の様子はタテマチ大学の学級日誌で。

アドルフ・ヒトラーの反感と共感。

気がつくと
ここ半年くらいで
ヒトラー関連の本を
7~8冊も手にしていた。

※くれぐれも、独裁者願望はありません(笑)。

良くも悪くも

気になる存在なのである。

ヒトラーは

第二次世界大戦の
犯人とされている。

ユダヤ人迫害などを指して

悪の権化とも称されている。

そのおこないは肯定できない。

が、

ヒトラーは蔵書に

1万6千冊をのこすほどの
読書家だったという。

毎夜の読書が日課だった。

膨大な知識と理論にもとづいて

ナチス政権が運営されていたことは
『ヒトラーの秘密図書館』(文藝春秋)に編まれている。

ヒトラーは

20世紀最大の経済学者とされるケインズの
いわゆるケインズ理論をよく学んだらしい。

1930年代の世界大恐慌時、

破たん寸前のドイツを復興させた手腕は
『ヒトラーの経済政策』(祥伝社新書)や
『ヒトラーとケインズ』(祥伝社新書)に詳しい。

自著『わが闘争』(角川文庫)をめくれば

当時のドイツ国民に
圧倒的支持を受けた理由も想像できる。

反感もあれば共感もある。

狂気もあれば教義もある。

そこがおもしろい。

聞けば

歴史上の人物のなかで
関連書物がいちばん多いのは
ヒトラーらしい。

善悪はともかく

人類の関心を集めてやまない
希代の政治家ということだ。

これはヒトラー入門書としておすすめ。
ページトップへ戻る