VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

もういちどだけチャップリンの話。

チャップリンは
映画ひとすじだった。

なぜ映画とともに

その人生をつらぬいたのか。

映画は誰もが楽しめる。

映画ほど

幅広い愛好者を
もつ芸術はない。

つまり

映画こそは
多くの幅広い人びとに
呼びかけられる。

チャップリンは

映画から世界中の人に話しかけた。

人生においてずっと。

チャップリンは人を愛した。

だから人からも愛された。

チャップリンが

みんなに好かれるのは
みんなを愛しているからである。

みんなを愛したチャップリンは

みんなを愛さなかったヒトラーを
こらしめたかった。

そして『独裁者』をつくった。

命がけで。

0530350.jpg

これも古本屋で見つけたチャップリンの自伝。

オハラの小原繁先生。

1005291.jpg
1005292.jpg
1005297.jpg
1005294.jpg
1005295.jpg
1005293.jpg
1005296.jpg

昨晩のタテマチ大学は

小原繁先生(株式会社オハラ 代表取締役社長)。

■食育学部プレゼンツ

「じわもん先生!農家で野菜が大量に処分されてるんですって!?」
規格外の地元食材を救え!食のウラ側ぜんぶ教えます講座

チャールズ・チャップリン。

史上最高の映画作家は
チャップリンだと思っている。

『街の灯』や『モダンタイムス』や

『黄金狂時代』や、

『独裁者』。

チャップリンは

アドルフ・ヒトラー生存時に
『独裁者』をつくった。

つまり

命を賭してまで
この風刺作品をつくった。

『独裁者』は

チャップリン初の
トーキー作品だった。

チャップリンは

この作品で初めて
画面から肉声を発した。

命がけでも

口にしなければ
ならないことがあった。

そのために

これまで嫌っていた
トーキーに踏みこんだ。

映画のラストのラジオ演説は、

そんな作品背景を
知るほどに感極まる。

100528cc.JPG

先日、古本屋で見つけた『私のチャップリン』。

映画評論家の淀川長治さんの本。

絶版本に出逢えた幸運を(勝手に)記念して

ブログを書いてみたりした。

選択肢と選択眼。

「食育」が日常語になったのは
ごく最近のことだろう。

かつては「健康」も日常語ではなかった。

健康食品。健康グッズ。健康診断。

こんなに「健康」があふれたのは

不健康な人が多くなって、
その反動で健康を考えはじめたからだ。

むかしの人は

健康なんて日常的に考えなくてもよかった、
ということである。

「食育」がこんなにあふれたのは

日本人みんなの食生活が乱れたからだ。

いや、そもそも身体に悪い食があふれたからだ。

選択肢が多いことを豊かという。

選択できない社会は豊かではない。

いまは選択しにくい時代ではないか。

選択肢が増えると、選択眼が求められる。

タテマチ大学「金沢カレー部」結成!

100527.jpg

きょうの朝刊に金沢カレー部の記事が。

めざせB-1グランプリ優勝です。

詳しくはタテマチ大学サイトの部活紹介ページで。

百人百癖。

木は曲がっている。

人も曲がっている。

曲がっているからダメなのではない。

大工いわく。

曲がったものは曲がったなりに

曲がったところに合う位置に
はめこんでやらな、いかんですな。

木にも、人にも、癖がある。

癖は個性かもしれない。

癖は信念かもしれない。

百人いれば百論ある。

百癖ある。

百様を認める。

許容する。

包容する。

棟梁いわく。
「百工あれば百念あり、これをひとつに統ぶる」
器量が要る。

クリエイティブセミナー開催!

今年もやります
「クリエイティブセミナー」
と題した会社説明会。
1005251.jpg

写真は去年のセミナーの様子。

1005252.jpg

今年もちゃんとしゃべります。

1005253.jpg

今年もコレやります。

1005254.jpg

今年もメンバーがんばります。

1005255.jpg

いま彼は下ネタ言ってます。

…って、

会社説明会で下ネタ!?なんて

日本中さがしても
ウチだけかもしれません。

クリエイティブセミナー2010

株式会社ヴォイス 会社説明会

■日時 6月19日(土)13:30~16:30

■場所 タテマチ大学
■参加資格 ①新卒学生 2011年3月卒業予定の方
②ヴォイスに入社希望の社会人の方
■申込方法
ヴォイスサイトにエントリーページがあります。
こちらからお申込みください。

※会場スペースに限りがあります。

先着順で定員に達し次第、受付を終了します。

地域スポーツ学部発足!

タテマチ大学で
「地域スポーツ学部準備室」
というのが立ち上がった。
食育学部につづく二番目の学部。
100520m.jpg
石川ミリオンスターズ。
「地域スポーツ学部」の最初のターゲットは
この石川県初のプロ野球球団らしい。
学部の顧問には
(株)ミリオンスターズ代表取締役の
端保聡社長も入ってくれることが決定。
球団経営や
スポーツライティングを体験できる
学部になるとのこと。
6月2日(水)19時には
タテマチ大学教室で
地域スポーツ学部の
キックオフイベントを開催。
スポーツマネジメントや
スポーツライターに興味のある人、
ぜひご参加を。
詳しくは
タテマチ大学サイトの学級日誌
キックオフイベント案内ページで。
.

SENSE。

センスが良い。
センスが悪い。
この仕事をしていると
センスを問われることが
たくさんある。
センスとは
人がもって生まれた
ものではない。
先天的なものではなく
後天的なものだ。
その人がこれまで
センスのいいものを
どれくらい見てきたか。
それがセンスの源泉になる。
カッコイイものや
美しいものや
チャーミングなもの。
ときには
新しいものであり
古き良きものであり。
そういうものを
どれだけインプットしてきたか。
インプットの質と量が
その人のセンスをつくる。
いわばセンスは努力で得られる。
センスのなさについて
わたしたちは
なんの言いわけもできない。
.

戦略をつくるのは哲学。

戦術よりも
戦略なんだけど、
戦略よりも
哲学なんだと思う。
「戦略がないんだよ」
みたいなセリフが
ちまたを飛びかっているが、
「哲学がないんだよ」
という話をしたほうが
だいたいのことは真に迫る。
ストラテジーではなくフィロソフィー。
戦略というと
響きがいいし
頭がよさそうだし
もっともらしい。
戦略論を語れば
上級の仕事をしている気になる。
しかし、戦略は戦略論がつくるのではない。
戦略をつくるのは哲学。
(人格が能力をつくるのと同じように。)
戦略は哲学に従う。
哲学なきところに戦略なし。
哲学と分離した戦略など
小手先の兵法にすぎない。
.
ページトップへ戻る