VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2007年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

一服。

ひと息つくためにブログを書いている。
ブログはこういうときにいい。
気ばらずに向きあえるツール。
(そう、ふだんからけっこう無責任に書いている。)
きょうは打ち合わせラッシュだった。
強行スケジュールを組んだものだ。
いまからやっと腰を据えられる。
アタマのなかを整理するためのブログ。
これからやることはコレとコレとコレ。
その前にメールも返信しなくちゃ。
打ち合わせで話をすると
アタマがぐるぐるまわるからいい。
きょうのとあるミーティングの場で学んだこと。
アタマのめぐりかたは相手による。
勘のいい人が相手だとじぶんの脳がはたらく。
感度のいい人もしかり。
いちいちよけいな説明に時間をとられないから、
次から次へと話が進む。
話が進むということは、
それだけアイデアが出ているということなので。
それだけコンセプトが固まっていくということなので。

DNAにふれてはいけない。

今日は、というか昨日だ。
某社のブランド構築のためのディスカッションで
昨日の午後はずっとしゃべっていた。
この会社のトップは
とてもユニークで感性豊か。
これまで逢ってきた経営者とは趣が異なる。
企業というのは
経営者のパーソナリティが
そのまま体現されるからおもしろい。
その企業は、
金沢ではユニークな会社で通っている。
ユニークな印象は
経営者のあそびごころによるものだ、
ということを
昨日あらためて確信した。
経営者のパーソナリティは
企業のDNAになる。
遺伝子なわけだから
社員がどれだけ増えても、
何十年の社史をつづっても、
それは企業内に脈々と継がれていく。
ブランド開発は
従来の活動のリセットを目的にする。
だけど、企業のDNAには
ふれてはいけないんだと思う。
それは経営者の人柄を保護する
ということではない。
DNAは企業資産だから
破壊するのはもったいない、
と考える。
ページトップへ戻る