VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

とっても旬なオファーでした。

きょう、とあるプロモーションの企画の話をいただきました。
「チラシや新聞広告をくりかえしたが期待どおりの効果はない」
ゆえに何かいい手立てはないか?
あたらしい切り口はないか?
結果が見込めるのであれば好きにやっていいからね、という話です。
「じゃぁ、広告の表現方法を変えましょう」
というのは回答ではないと思います。
コピーやデザインをいじっても状況の劇的変化は見込めないでしょう。
「おまえはコピーのチカラを信じていないコピーライターなのか?」
と、お叱りを受けそうです。
ええ、半分正解で、半分不正解です。
コピーってネタをしこむことなんです。
ネタがおもしろくなけれなコピーは面白くならない。
ネタが強くなければ強いコピーはできない。
百歩ゆずっておもしろそうなコピーが仕上がっても、それは小手先のテクニックでこさえたコピーです。
ほんとうに効くかといえば、効かないとわたしは思います。
本質が変わっていないからです。
見せ方を変える程度じゃ、実質は変わってないことは見抜かれますよ。
本日いただいたプロモーションの話は、ニュースづくりからはじめます。
昨日のブログの話のあとの、タイムリーなオファーでした。
ページトップへ戻る