VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ラークマイルドな世界だそうです。

写真撮影のディレクションをする。
ディレクターは撮影現場の監督になる。
監督は何をすべきか。
武田裕司いわく、
「みんなに伝わりやすいコトバをつくる。それを合言葉にして、かかわる人たちが共通のゴールをめざせるようにすることですかね」
現場にいる全員に、パッと同じ世界を想像させるコトバがあるといい。
我々はこれをめざすんだな、という。
企業活動でいうと、ブランドフレーズがそうですね。
まずは監督がアタマのなかで撮りたい絵を鮮明に描くことが大事。
絵が具体的になるほどジャッジ基準もブレなくなる。
そう、いちばんイケないのは監督がブレること。
「いったいこの監督はどんな絵をつくりたいのかわからない」
判断基準があいまいだと、だれもついてこない。
どこをめざせばいいのかわからない状態で、じぶんのチカラを100%出すのはむずかしいです。
これは企業経営にもいえることです。
チームマネジメントの基本だとも思います。
omote.jpg
武田裕司が最近ディレクションした写真。
現場での合言葉は「ラークマイルドな世界」だったそうです。
ヴォイスの仕事紹介ページにもアップしています。
<AD 武田裕司 D 田中亜紀&黒川優>
☆☆☆
このブログのタイトルを最初「マイルドセブン」と書いてましたけど、
「ラークマイルド」のまちがいでした!
ブログのタイトルが変わってる…とお気づきの方、失礼しました。
ページトップへ戻る