VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

広告を真剣に研究している経営者。

午後からゼスト眞藤社長が来社。
いくつかの案件の打ち合わせをさせていただきました。
ゼストは10月から下半期に突入します。
そのタイミングで、ひとつ大きな“企て”を構想していらっしゃる。
眞藤社長は打ち合わせの合間に「コピー年鑑」を読みあさっていました。
「これはすごいね」「なるほどね」「これは意味がわからん」とか言いながら。
広告に対する関心度がとても高い。研究心がある。
経営者が広告に興味をもつのはあたりまえ?
いえ、真に関心を寄せて広告を研究する経営者は、実はそんなに多くない。
正確にいうと、主観にたよることなく、客観的に広告を研究している経営トップは多くない。ブランドに対する意識も世間で騒がれているほど高くはない。
その点、眞藤社長は広告が企業ブランドを左右する生命線であることを知っている。やはり、北陸では稀少な存在だと思います。
たとえば「ユニクロ」でおなじみのファーストリテイリングの柳井正氏も、広告に対する関心度がとても高い経営者ですよね。いろんなインタビュー記事や著書からうかがえます。いつだったか、ビジネス誌の企画にあった推薦図書で「広告の迷走」(梶祐輔 著/宣伝会議)をすすめていたのを見てびっくりしたことがあります。
夕方から眞藤社長とアレスへ。
アーク引越センターやアレスの代表取締役・西野社長とお逢いしました。
ゼストもアレスもヴォイスのクライアント。
いいコラボレーションが実現できたら、それは、それは、しあわせです。
ページトップへ戻る