VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

覚悟ハアリマスカ。

「株をはじめた」という声をよく聞くようになりました。
「お金に強くならなくちゃね」とか。「低年収時代を生きる~の本を買った」とか。その手の話題もたくさんするようになった気がします。
そもそもお金は古今東西とても大事なものなのに、いまになって盛んに語られるのは不自然な気がします。
(かくいうわたしも不自然なひとりですが)
リスクということばもそうですね。
リスクとリターンはこれまた古今東西すごくあたりまえにあった法則なのに、ここ数年流行のように使われるのは不自然。
高度成長期は、リスクという概念は一般的じゃありませんでした。
不動産にしても株式にしても、ほうっておけば価値は上がる。リスクを背負って投資する、という覚悟のようなものは希薄だったはずです。
覚悟、といいました。
だれかがどこかで「リスクを正しく訳す日本語を探すのはむずかしい」といっていましたが、たとえば“リスク”とは“覚悟”というニュアンスも多分にふくんでいるのではないでしょうか。
果たして採用面接を受けてくださる方々に、ある種の覚悟を期待するのはおこがましいでしょうか。
ヴォイスはリターンを用意します。
ただし、リスク(覚悟)を背負って努力している人が対象のリターンです。
覚悟をもって精一杯努めている。
そういう人へのリターンは約束できます。
「会社はじぶんに何をしてくれるのですか?」
そんなスタンスでしか行動できない人へのリターンは用意できない。
会社に庇護されることをあたりまえと思う。会社の奴隷になるんだから守られて当然だろ、という考え方が宿っているのでしょうか。
奴隷。犠牲。イヤなことばですね。
ページトップへ戻る