VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コトバひとつで生き方すら変わるかもね。

「仕掛ける」というコトバが好きです。
広告は「つくるもの」ではない。
広告は「仕掛けるもの」です。
「広告をつくる」という行為だと、どこか面白味に欠ける。
「広告を仕掛ける」という思考をもつと、とたんに面白くなる。
仕掛けるという行為は、狙いがなければできません。
狙いとは、目的と言い換えてもいいでしょう。
釣りといっしょです。「なんでもいいから釣れりゃいい」のであれば、仕掛けに工夫はいりません。いっぽうで「キスを釣りたい」と目的がはっきりすれば、キスを釣るためのそれ相応の仕掛けを工夫しはじめます。
名刺ひとつをデザインするにしても、そう。
仕掛けるという思考をもてば、単なる“名刺デザイン”ではなくなります。
“戦略的名刺デザイン”になります。
名刺に意味をもたせる。その企業にとっての名刺の価値を考える。どんな顧客に差し出して、どんな印象をあたえたいか。どんな感情を抱いてもらうか。どんな社員にもたせて、どんな使い方をさせるか。どんなステイタスをもたせるか。
名刺をデザインするのにも、目的をはっきりさせましょうという話です。
きっと名刺デザインが、とたんに面白くなりますから。
「つくる」から「仕掛ける」へ。
「つくっている」のではなく「仕掛けている」と考えて仕事をする。
コトバは、思考です。
人間はあんがい単純な生き物だから、コトバひとつで生き方すら、変わる。
ページトップへ戻る