VLOG|石川県金沢市のデザインチーム「ヴォイス」 ホームページ作成やCMの企画制作をはじめNPOタテマチ大学を運営

VLOG

PROFILE

宮川真也
株式会社ヴォイス 代表取締役

クリエイティブディレクター

タテマチ大学/NPO金沢マチ
ナカ大学 代表理事

MESSAGE200

CALENDAR

2005年5月
    6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

処方箋。

午前中は社外で打ち合わせを数件。
主にヴォイスの経営面について。来月下旬にはヴォイスからニュースを発表できそうです。具体化したら途中報告もできると思います。
午後、会社にもどって進行中の案件の打ち合わせ。クリエイティブチェックを6本。テレビCM、パンフレット、Web、POP、企画書、イベント関係。
その後、Webプランナーの米山宏と打ち合わせ。
Webの新規案件があるとの報告を受ける。
大きな話になりそう。だからこそ「この仕事を請けるのであれば、単にサイトをつくる仕事…という意識で臨むのはやめよう」という話になった。
クライアントに効く処方箋はなにか。
顕在するものではなく、潜在するものを見つめなくちゃいけない。
発熱して喉が腫れてるから「風邪ですね」という。よく診もしないで「とりあえずお薬出しこっかー」みたいなドクターにはなりたくない。薬だしてハイお会計みたいな提案はしたくないです。
処方箋を考えた結果、サイト構築の依頼を辞退することだってあるでしょう。「パートナーは我々がベストではない」と苦渋の結論を出すこともあるし、「サイトじゃない別の手でいきましょう」と処方箋を調合することもある。
それがヴォイスのやり方のはず。今回もそうしようよという再確認。
米山はもちろんそれをわかっている。理解したうえで、きちんとクライアントと握手してくる。だから彼にヴォイスの看板をあずけている。
ページトップへ戻る